南大阪〜地域密着型タウン新聞

自分ってどんな人?

学校法人 智辯学園
智辯学園和歌山小学校
教頭 長峯  宏明

自分ってどんな人?

 

 「自分のことは自分が一番よく知っている」。当たり前のようですが、案外、自分で自分のことをよく分かっていないようです。たとえば、自分の短所は分かるけれど、長所はあまり考えたことがないというケースがあります。

 以前、小学6年生に、「自分の長所と短所」という題で作文の課題を出したとき、「自分の短所は分かるけれど、長所は分からないので母に聞いたところ、『あなたの長所は○○ですよ』と言われ、改めて気づいた」というものがありました。私は、「なるほどなあ」と感心し、そのお母さんに拍手を送りました。長所も短所も併せて自分なのですが、両方とも自覚している人は少ないようです。

 一度、「自分のいいところ探し」をしてみませんか?

2020.3月号 にこにこ新聞掲載


 

すなおな心で、まわりからの言葉に耳を傾ける

 人はだれでも自分の失敗を認めたくなくて、「次に気をつければいい」とか「大きなミスではないから大丈夫」などと考えがちです。ところが似たような失敗やミスは、なかなか減りません。むしろ注意すればするほど、失敗やミスをしてしまうものなのです。

 一度、客観的に自分を見つめ直してみませんか。「似たような失敗を繰り返していないか」、「今のままでいいのか」など。

 そのためには、自分に向けられたアドバイスや提案、意見などに、すなおに耳を傾けなければなりません。この「すなおさ」が大切なのです。保護者の皆様も一度、お子さんと一緒に「すなお」にまわりからの言葉に耳を傾け、自分自身を振り返ってみてはいかがでしょう。新しい自分に出会えるかもしれませんね。

2020.2月号 にこにこ新聞掲載