Vol.13不透明な時代に  外国のビザを取得するには

 円安がジリジリ進んでいます。円のリスクに備えて海外投資や移住を考えている人も増えています。シンガポールではビザが厳格化されており、周辺の東南アジアにビザを取得して保険を作っておきたいというニーズが広がっています。

 マレーシアのMM2Hやフィリピンのリタイアメントビザなどが一次受付停止になっている中で(2021年3月現在)、国を開き続けているのがタイです。

 タイの「タイランドエリート」というビザは、5年間で60万バーツ(約210万円)、20年で100万バーツ(約360万円)の居住権を得ることができます。最も簡単にお金で購入できるビザと言っても過言ではありません。居住の必要もなく、安価で購入することができるために富裕層を中心に人気があります。海外住居とビザを得て、それを登録住所にして海外で資産運用をする富裕層もいると聞きます。

 東南アジアの居住ビザやリタイアメントビザなどはまだまだハードルが低く、物価も安い状態です。老後、日本以外に住めるところを確保しておきたいという人には取得しやすいと言えるでしょう。

 ライフプランを立てる上で、居住をする国、子供の教育をさせる国、ビジネスをする国、資産運用をする国をそれぞれ有利な国に分散をするという方法もあるのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。↓↓

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP